.


I N D E X

トップページ < 死海美容学トップ < 死海美容の歴史

8. 死海の塩は食べられない

問題・・・
死海の塩は「基本的に」食べることができるのでしょうか?

正解は、「 X 」 です。

そう、死海の塩は食べられません。特に当店で販売しているものは、食べてもおいしくない(苦い)し、体をこわしてしまいます。
普通の塩(食塩)のように、しょっぱい味はありません。

ではなぜ食べられないのか? ということですが、それは成分が違うからです。

 

私たちが日常『塩』と呼んでいるものは、一般的には『食塩』即ち、『塩化ナトリウム(NaCl)』のことを指します。海の水をなめたときに感じるあの塩辛さは、塩化ナトリウムの味なのです。工場で作られる食塩は、ほぼ100%塩化ナトリウムでできています。いろいろと名前やブランドのついた名産の『塩』でも、世界各地から輸入されている『塩』でも、98〜99%が塩化ナトリウムなのです。
そのうちの、わずか数パーセントに塩化マグネシウムや塩化カリウム、塩化カルシウムが含まれているのです。

 

日本では、かつて『塩』は専売でしたので、だれでも勝手に扱うことはできませんでした。そこで定められたのが、塩の定義です。即ち、『塩』とは塩化ナトリウムを60%以上含む塩基物と定められました。

 

ですから、塩化ナトリウムが60%未満の塩は、厳密には『塩』とは呼ばれずにミネラル成分として扱われてきたのです。

 




7. 塩化マグネシウム(2)
死海美容学トップ

9. 食塩と死海の塩


エムナー デッドシー ミネラルソルト       【 株式会社 ジェイ・シー・イー・オーバーシーズ 】

[住所] 〒186-0011 東京都国立市谷保6046-2   [電話] 042-577-0521   [FAX] 042-577-0549    [フリーダイヤル] 0120-918-743

[e-mail] sales@jce-overseas.co.jp   [web-site] http://www.jce-overseas.co.jp    http://www.emuna.jp

Copyright (C) 2010 JCE OVERSEAS CO.,LTD. All Rights Reserved